【要チェック】フィンジアを買う前にしっておきたい効果(データ)

フィンジアは、薄毛の男性向けの育毛剤(スカルプケアエッセンス)です。

フィンジアの主成分はキャピキシルとピディオキシジルですが、これらの成分の効果は海外で臨床実験が行われており有用性が確認されています。

ここでは、日本と海外で行われてたフィンジア ・主成分の臨床試験を踏まえながらフィンジアの効果や副作用について見ていきましょう。

フィンジアの育毛効果とは

フィンジアは、2大先進スカルプ成分であるキャピキシル(5%)とピディオキシジル(2%)が主成分になります。

これら2つの成分にはどのような効果があるのか、1つ1つ見ていきたいと思います。

キャピキシルの効果とは

キャピキシルは、育毛成分の1つでアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3という成分で構成されています。

厚生労働省にも許可されている有名な発毛成分にミノキシジルがありますが、キャピキシルはこのミノキシジルの3倍の効果があると言われています。

キャピキシルに含まれいるアカツメクサ花エキスには、イソフラボンの一種であるビオカニンAが含まれています。

抜け毛の主な原因は、 DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンだと言われています。

人間にはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが分泌されていますが、DHTはこのテストステロンが変化して生成させる男性ホルモンです。

テストステロンは5αリダクターゼと呼ばれる酵素が働くことによってDHTに転換しますが、アカツメクサ花エキスに含まれるビオカニンAは、この酵素・5αリダクターゼの働きを抑えてくれます。

もう一つのアセチルテトラペプチドは、4つのアミノ酸を人工的に合成しているアミノ酸分子です。

毛が抜けてしまう原因の1つとして、髪の発生・成長を司る毛乳頭の毛母部分が炎症性サイトカインによって攻撃されてしまうことにあります。

アセチルテトラペプチドは、抜け毛の原因である炎症性サイトカインを減少させると言われています。

また、アセチルテトラペプチドには、毛包の成長と定着を促すタンパク質を活性化する作用があります。

この作用により、髪の成長を促し定着させる効果が期待できるのです。

つまり、キャピキシルは抜け毛を防ぎ髪の成長を促す働きを持ってます。

実証されているキャピキシルの効果とは

キャピキシルを製造したLUCAS MEYER COSMETICS(ルーカスマイヤー)では、キャピキシルの効果についての試験を実際に行なっており論文が公表されています。

試験では、薄毛の男性15人を対象にキャピキシルとプラセボ(偽薬)を投与し4ヶ月間の髪質の変化をデータ化しています。

抜け毛は、ヘアサイクルのうちに成長期が短くなることにより起りますが、この試験結果では、成長期にある髪の割合が投与する前と比べて約13%増加し、髪の毛が抜けるのを待つ休止期に当たる髪が30%近く減少すると行った結果が出ています。

このように、キャピキシルは成長期を促し、元気な髪の毛を増やし抜け毛を減らすと行った効果が、実際の試験結果で実証されています。

ピディオキシジルの効果とは

ピディオキシジルとは、別名でミノキシジル誘導体と呼ばれており、有名な発毛成分であるミノキシジルの一部を変化させて、副作用が出ないように改良した成分です。
ピディオキシジルには、主に4つの効果があります。

①毛乳頭細胞の増殖を促進する作用

毛乳頭細胞は、ヘアサイクル・発毛を司る司令塔のような働きを担っています。

この毛乳頭細胞が増えることにより、発毛の指令が増加することになり発毛促進が期待できるのです。

②毛包を刺激し髪を再生する作用

AGA(男性型脱毛症)は、髪に栄養を与えて育てる役割を持つ毛包が小さくなるために、髪の毛がしっかりと育つ前に抜けてしまうことで進行してしまいます。

ピディオキシジルは弱った毛包を刺激し、毛包を大きくすることで髪の毛の成長を促します。

③血管を拡張して毛根へ栄養を補給する作用

毛根が栄養不足に陥ると髪が生えてこなくなったり、抜け毛が増えたりしてしまいます。

そこで、血管を拡張することにより血行を良くし、毛根に栄養を届け髪の成長を促します。

④ヘアサイクルを整える作用

抜け毛が増えたり、髪が育たないこととヘアサイクルの乱れには密接な関係があります。

ヘアサイクルには、成長期・退行期・休止期の3つのステージに分かれています。

成長期は、髪が成長するステージで約2〜6年かけて次の退行期に移行していきます。

次に退行期は、活発であった細胞分裂がストップするステージで、この期間は約1〜2週間程度になります。

最後に、休止期は髪の毛の活動が停止するステージで、この期間中に新しい髪が生えることはありません。

成長を停止した髪の毛は、成長期の最初の段階で、新しい髪の毛に押し出されて抜けていき期間は約3〜4ヶ月です。

抜け毛が多い人は、ヘアサイクルの中の「成長期」の期間が短くなってしまうので髪の毛が太く長く十分に成長しないうちに抜け落ちてしまうのです。

ピディオキシジルは、この成長期の期間を延長してヘアサイクルを整えます。

このように、ピディオキシジルは髪の毛を太く長く成長させ、抜け毛を防ぐ効果が期待できるのです。

実証されているピディオキシジルの効果

ピディオキシジルの効果については、海外で、いくつか実証試験が実施されています。

その一例として、ジェノバにあるGaslini研究所が行なった実証実験では、

30人に0.8%のピディオキシジルを半年間投与した結果、約7割の人に改善が認められたという結果が出ています。

そのほか、ローマにある病院が行なった実験では、40人に1.5%のピディオキシジルを半年間投与し、約4割の人に改善が認められています。

大々的に行われた実証実験ではありませんが、実際にピディオキシジルの効果については実証実験が行われ有効性が認められています。

フィンジアの日本での臨床試験

これまで、フィンジアの主成分であるキャピキシルやピディオキシジルの実証実験をご紹介しましたが、フィンジアの販売元であるユーピーエスが日本薬科大学と共同試験を実施しています。

試験の対象者は、20歳以上39歳以下の薄毛が気になっている日本人男性で、24週間フィンジアを使用するという臨床試験です。

その結果は以下の通りです。

  • 髪の密度が約12%増加
  • 毛髪の成長速度が約17%増加
  • 毛穴あたりの毛髪の本数が約35%増加

このように、日本でもフィンジアの臨床実験が行われ有用性が認められています。

フィンジアに気になる副作用は?

フィンジア には、ミノキシジル誘導体が配合されていることもあり副作用の心配をされる方もいらしゃいますが、フィンジアを使用する上での副作用はほとんど心配ありません。

しかし、どうしても副作用が心配な方のために懸念される点について詳しく見ていきましょう。

ミノキシジル誘導体の副作用の心配は?

フィンジア には、ミノキシジル誘導体であるピディオキシジルが配合されています。

そのため、ミノキシジルが持つ副作用、頭皮のかゆみ・むくみなどを気にされている方も少なくありません。

しかし、ピディオキシジルはミノキシジルが持つ副作用が出ないように改良された成分ですので、副作用の心配はありませんのでご安心ください。

プロペシアと同じ副作用があるのでは?

フィンジアの主成分であるキャピキシルに含まれいるアカツメクサ花エキスには、ビオカニンAが含まれています。

ビオカニンAは、5αリダクターゼの働きを抑えて抜け毛の原因となるテストステロンをDHTに転換するのを防ぎます。

この作用は、プロペシア・別名フィナステリドの働きと同等ですので、胃部不快感・性機能障害などの副作用を心配される方もいらっしゃいますが、

フィンジアは外用ですので副作用の心配はありません。

カプサイシンの副作用とは?

フィンジア には、カプサイシンが含まれており血行を促進したり硬くなりやすい地肌を柔らかくする作用などがあります。

カプサイシンは大変、刺激の強い成分ですので人によってはスースーとした感覚がある場合もあります。

しかし、アレルギー体質や肌が弱い方でなければ心配いらない程度の濃度しかカプサイシンは配合されていません。

それでも、気になる方は念のためにパッチテストを行ってから使うようにしましょう。

返金したい!そんな時はフィンジアの公式サイトを利用しよう

フィンジアを購入する場合、ネット通販ならどの店舗でも手に入れることができます。

しかし販売元は本家のメーカーではないため、品質やその他のサービスなどが保証されない可能性があります。

フィンジアは基本的にユーピーエスの公式サイトからでなければ、各種サービスを受けることができません。

サービス内容は様々ですが、特に有用なのは「全額返金保証制度」でしょう。

これは体質との相性が悪かった時や、量が多くて使い切れそうになかった時など、何らかの理由で商品を返品したくなった場合、すでに支払い済みの料金が全てまとめて手元に戻ってくるという非常に嬉しいサービスです。

このサービスを得るためにも、なるべく購入は公式サイトから行うことをおすすめします。

どうすればサービスを受けられる?

公式サイトから買い物をしたとしても、場合によっては返金されないことがあります。

まず有効期限は「商品が届いてから1ヶ月以内」と定められており、1日でも過ぎれば料金は戻ってくることはありません。

さらにこのサービスは初心者限定のものなので、2回目以降の人は認められないのです。

また商品を送り返す際の手数料などは自己負担であり、単品ではなく数本セットのものを買った場合、2本目を開けてしまうとサービスが無効となってしまいます。

そして極めつけは、返金してもらった場合、改めてフィンジアを買うことができなくなるのです。

これらを把握した上で、それでも料金を返してもらいたいというのなら、電話で連絡を入れて下さい。

具体的にはどうやるのか?

それでは返金手続きの方法をお教えしたいと思います。

  1. ユーピーエスに電話を入れる
  2. この時、何故返品したいのかという理由を聞かれるので、素直に答えましょう。

  3. 振込先を書いた紙を送る
    フィンジアの容器も一緒に送って下さい。
  4. しばらくすると返金が振り込まれる

これで手続きは終了です。

口座を確認してみましょう。なお手数料は自動的に引かれています。

上述したように、返金が済んだらもうフィンジアは買えません。

くれぐれも後悔のないようにサービスを受けて下さい。

フィンジアを安く買うならどの通販サイトが最適なのか?

フィンジアを取り扱っているのは公式サイトだけではありません。

アマゾンや楽天といった有名なネットショップでも、商品として置かれていることがあります。

難点は値段がやや高めに設定されている点ですが、気軽に買えるというメリットも備わっています。

それでは各店舗の値段がいったいどうなっているのか、それぞれチェックしてみましょう。

通販サイトの設定金額について

まず公式サイトの場合ですが、単品で13,440円、定期購入ではおよそ10,000円となっています。

セット販売になると1本につきおよそ12,000円と多少割安になっており、定期購入も同様で、およそ9,000円という値段が付けられています。

一方、楽天では一番安いものでも大体14,000円くらいで、アマゾンは10,000円ほどが標準価格のようです。

どちらも単品のみでセット販売はなく、おまけに品数も少ないのか、調べた時にはすでに残り1本と表示されていたため、恐らく品質劣化した売れ残りを置いている可能性があります。

販売元が正式なメーカーやブランドではない場合、例え大手のサイトであっても偽物や粗悪品が並べられていることがあるので、気を付けて下さい。

やはり公式サイトがベスト!

以上のことから、最もお得なのはフィンジアの公式サイトであるということが判明しました。

公式サイトなら単品か定期購入にするかを選べる上に、気に入らなければ返品や配達の一時停止なども受け付けています。

もちろん割引もきっちり行われるので、コストパフォーマンスも十分と言えるでしょう。

送料も不要なので、都心から離れたところに住んでいる人でも頼みやすいというのも便利なポイントです。

楽天やアマゾンにはないサービスが用意されているので、初めてフィンジアを買う人でも安心して利用して下さい。

定期購入をやめたい! そんな時はどうするべき?

フィンジアを買い続けていくのが難しくなったり、気に入らないので使いたくなくなった時には契約を破棄することが許可されています。

これは初心者でも有効なので、トライアルのつもりで買っても構いません。もしも使っていきたいと感じたらそのままで、合わないようなら解約すれば良いでしょう。

解約方法は?

ややこしい手順はなく、公式サイトに記載されている電話番号に掛けて、契約を取り消したいことを伝えれば受理されます。

ちなみに購入者の身元確認と、冷やかしや悪戯を防ぐため、メールによる連絡は行っていません。しかし電話が混線している時や、忙しくて電話を入れる暇がない人、耳や声が不自由な人などは例外として認められる場合もあるので、メールで連絡をするなら、必ずメールを送った理由も書き添えておきましょう。

気を付けるべき点について

電話を入れればその時点でやめられるものと思いがちですが、実は解約理由によっては詳しく事情を求められたり、上手く使うコツを教えられたりして、すぐには取り消せないこともあったりします。

とはいえアレルギー反応などの発生や、単純に費用の問題など、どうしようもないものならスムーズに進むはずです。

無事に受け付けてもらえたら、マイアカウントを確かめましょう。退会できたという連絡が入っています。

注意点は、対応してくれる時間帯が「平日の午前9時から午後6時まで」と決められていること、そして「次の注文分が配達される1週間前まで」に連絡することの2点でしょうか。

カレンダーにメモをしたり、こまめに日付を確かめる癖を付けておけば、タイミングを逃す心配もないかと思われます。

空いている時間を確保して、10日前くらいに連絡を入れられるように調整すると良いでしょう。

まとめ

フィンジアの主成分はキャピキシルとピディオキシジルで構成されています。

これらの成分は、抜け毛などの原因となる5αリダクターゼの働きを抑えてDHTに転換するのを防いだり、髪の毛の成長に欠かせないヘアサイクルの乱れを整えて髪の成長を促進したりする効果が期待できます。

フィンジアは化粧品に分類される育毛剤ですが、フィンジアの主成分については海外でも臨床実験が行われており有用性が確認されています。

また、日本でもフィンジアの臨床実験が行われ同様に有用性が認められています。

なお、副作用などの多い副作用とは違って副作用の心配がほとんどなく、安心して使用できる育毛剤です。

抜け毛が気になってきた・育毛剤を使ってみたいという方は、まずフィンジアを使用してみてはいかがでしょうか。